img_02

美容外科のマル秘テクニック

近年、アメリカを発端とし世界中に広く浸透しつつある美容外科療法にボトックス注射があります。
これは主に若返り効果を促進する美容外科の方法で、日本国内でも美容に関心のある方に急速に人気が高まりつつある美容外科手法です。


ボトックスを注射し若返り効果を得る方法とは、ボツリヌス菌を気になる顔のシワ部分に注入し、顔の表情の筋肉の神経を麻痺させることによりシワが出来ることを防ぐというものです。

このボトックス注射を使用した美容外科療法は比較的短時間で終了し、大きな腫れや痛みが出ないことから手軽にできるというメリットがあります。

役立つ共立美容外科についての情報を参考にしましょう。

こちらのサイトを紹介します。

この表情のシワを改善する効果のあるボトックス注射ですが、その他にも沢山の効果があります。ここではボトックス注射を利用した美容外科治療の様々な効果について解説致します。


先ず最初に、表情のシワ改善効果のある美容外科療法として知名度の高いボトックス注射ですが、目の縦幅を広くする効果もあります。ボトックス注射を目の下の筋肉に注射し、筋肉の緊張を緩ませた場合、黒目が強調され目の縦幅が広くなる効果があります。特に、目の下の筋肉が発達している方の場合はボトックス注射による効果が大きく、黒目をはっきりと大きく見せることが出来ます。次に、美容外科療法であるボトックス注射にはふくらはぎを細くする効果もあります。


ボトックス注射の薬剤をふくらはぎ数箇所に注入することにより、ふくらはぎの筋肉の働きが制御され筋肉が収縮します。この筋肉の収縮によりふくらはぎの発達が抑えられ、ふくらはぎが細くなるのです。

又、美容外科治療のボトックス注射には小顔効果もあります。
これはボトックス注射により過度に発達した顔の筋肉を収縮させるもので、収縮した顔の筋肉量が減り顔が小さくなるというものです。

このように一般的には顔の表情のシワ改善効果で普及しているボトックス注射ですが、その他多くの美容外科療法に使用されている優れた手法です。